業者に聞いた!給湯器の故障原因と水のトラブル回避のヒント

給湯器の故障に役立つ!正常な状態で使うための修理情報 給湯器の故障に役立つ!正常な状態で使うための修理情報

トラブルの原因を把握しよう

給湯器まわりの水のトラブルを解決するには、原因を探ることが先決です。原因が分かれば、次に何をすべきかが分かります。

水のトラブルを解決する業者に聞く!給湯器が故障する原因とは

10年以上使い続けると故障しやすくなります(30代/男性)

給湯器は意外に寿命が短く、10年も使い続けると劣化から故障を招く可能性が高くなります。更なる水のトラブルを未然に防ぐためにも、早めに修理するか買い換えの選択をしたほうがよいといいます。給湯器本体が故障しなくても、リモコンが使い物にならなくなることもあります。いざというときにお湯を使えないということにならないよう、対策をしておきたいものです。まだもう少し使えそうと思っていると、突然使えなくなるときがくるかもしれません。

メンテンス不足はトラブルの原因です(20代/女性)

住まいの給湯器は、屋外にあることも多く、汚れたままに放置されているケースが少なくありません。屋外の場合は、特にホコリなどの汚れが付きやすく、水のトラブルの原因となりかねません。こまめに掃除をすれば、給湯器を長く持たせることができます。そういえば、普段お手入れしていなかったと思い当たったら、この機会に掃除をしましょう。メンテナンスは、定期的に習慣づけて行うことでトラブルを未然に防ぐことに繋がります。

機器の接触不良も考えられます(40代/女性)

屋外にある給湯器は、雨風にさらされたり、動物にいたずらされたりすることもあり、常に故障のリスクがあります。機器の接触不良によって、水のトラブルが起こることもあるのです。給湯器はわずかな振動でも影響を受けやすいため、接触不良による故障には用心しておく必要があります。定期的に、掃除をするタイミングにチェックをしてみるのもよいですし、雨が降った後や強風が吹いた後、地震の後などに問題がないかどうか、確認しておくのもよいでしょう。

給湯器は、まめにお手入れさえしていれば、10年くらいまでは長持ちします。水のトラブルを防いで給湯器の寿命を延ばすためにも、お手入れをきちんと行ないましょう。  

TOPボタン